人生においてのあらゆるシーンの「断り方」のセリフ・文例の網羅を皆様へ

断り方の「セリフ・文例」総合辞典

同窓会の断り方



成人式、その後30歳、はてまた毎年の様に人生の節目、節目で誘いがくる「同窓会」。学生時代にあまり良い思い出、友人がいない場合には同窓会に参加するのがとても苦痛なときがありますよね。

そのような同窓会の誘いの断り方を紹介します。

同窓会を断る時のポイント

まずはその同窓会に参加して、あなたに「メリット」があるのかを考えてみましょう。惰性で参加するのは、時間もお金ももったいないです。結局喜ぶのは幹事だけかもしれません。とは言っても、参加したら思いもよらぬつながりが見つかったりすることもあります。よく考えて見ると良いですよ。

みんなが使っている断るセリフ・文例

オールマイティに使えるセリフ・文例

ケイコさん・30代後半
「子どもを預けるところが見つからないので、次回で!」
場合によっては、ベビーシッターのいる会場であったりするので、使う場合は会場をよく調べてから使いましょう。

あつしさん・20代前半
「旅行の日程と重なってしまっています。」

旅行を「家族」「友人」などとつけずただ、旅行と言っているのがポイントです。誰と行くかで、さらに探られてしまうことがあるので。

忠志さん・30代前半
「その頃(同窓会の開催日)は仕事がちょうど忙しいので、休日出勤になる可能性があるのでまた今度!」

これは仕事をしている方であれば、結構使えます。ただ、参加者に同僚・同じ勤め先の方がいる時は使えません。



更新日:

Copyright© 断り方の「セリフ・文例」総合辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.