人生においてのあらゆるシーンの「断り方」のセリフ・文例の網羅を皆様へ

断り方の「セリフ・文例」総合辞典

営業電話の断り方(会社編)



会社でかかってくる電話の中には、営業電話も多々含まれます。良い案件の引き合いと思いきやよく話を聞いてみると登録料がかかったり、社長の動画を作りたいなど...営業電話にはいろんな種類があります。

営業電話を断る時のポイント

明らかに営業電話と区別できるのが「代表の方をお願いします」とかけてくる電話です。代表の知り合いなら、「○○社長いますか?」などとご指名で電話がくることでしょう。一見営業電話と思いきや本当の問い合わせ電話などだったりしますので、最初は慎重に電話対応をしましょう。営業電話とわかったら、だらだらと会話せずはっきりと断りましょう。

みんなが使っている断るセリフ・文例

オールマイティに営業電話に使えるセリフ・文例

「担当が不在なので、また後でかけなおしてください。」

定番ですね。担当者の名前を聞いてきますので、それは本人に伝えていいか分からないのでと言いましょう。

「代表から営業電話はお断りするよう言われていますので。」

 

コピー機などの営業電話に使えるセリフ・文例

「既にお願いしている会社があります。そこは案件もくれるので、切れないんですよ。」


更新日:

Copyright© 断り方の「セリフ・文例」総合辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.